NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • 平成25年度大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)・プロジェクト支援型の実施機関として、東京大学総括プロジェクト機構田中特任准教授の「デジタルグリッド技術の電力識別に基づく電力流通サービス事業」が採択されました

UTEC NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

平成25年度大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)・プロジェクト支援型の実施機関として、東京大学総括プロジェクト機構田中特任准教授の「デジタルグリッド技術の電力識別に基づく電力流通サービス事業」が採択されました

株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)は、平成24度より大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)・事業プロモーター支援型の実施機関(事業プロモーターユニット)として技術シーズの探索・育成活動を行って参りましたが、この度、東京大学総括プロジェクト機構田中謙司特任准教授の「デジタルグリッド技術の電力識別に基づく電力流通サービス事業」が支援プロジェクトとしてされました。

本プロジェクトでは、デジタルグリッド電力技術に、情報技術、金融技術を組み合わせた次世代型電力サービスの提供により、国内外の電力流通網を、需要に合わせて災害に強く、安定かつ強固なものへ再構築するための研究開発を行い事業化を目指しており、UTECとしてこれまでに培った技術シーズの育成ノウハウや、構築されたネットワークを活用し、本技術シーズの事業育成を行って参ります。引き続き事業プロモーターユニットとして、多様なベンチャー支援を手掛けてきた郷治による全体統括のもと、各分野に経験と専門知識を有する山本(IT・情報通信分野)、片田江(バイオ・ライフサイエンス分野)、黒川(物理・医療機器・環境技術分野)を事業プロモーターとして、最終的にベンチャーキャピタル投資につなげていくという観点から、技術シーズの事業化支援を行って参ります。

詳しくは、以下の文部科学省のHPをご覧ください。
「平成25年度大学発新産業創出拠点プロジェクト(プロジェクト支援型) の実施機関の決定について(第3サイクル審査分)」
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/daigaku/1340218.htm

(ご参考)
科学技術振興機構(JST)大学発新産業創出拠点プロジェクト(START Program)HP
http://www.jst.go.jp/start/index.html