NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • 創立5周年記念式典を開催しました

UTEC NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

創立5周年記念式典を開催しました

121d2f782fe

 

【左より、弊社会長 南直哉、東京大学総長 濱田純一氏、ARCH Venture Partners共同創業者
スティーブン・ラザルス氏、弊社社長 郷治友孝】


お蔭様をもちまして、弊社は本年4月1日をもって創立5周年を迎えました。これを記念いたしまして、4月16日に東京大学本郷キャンパスの小柴ホールにおいて式典を開催いたしました。


【UTEC創立5周年記念式典 式次第】
―ご挨拶 東京大学総長 濱田純一 氏
―講演「UTEC5年間の活動と今後の展望」
弊社代表取締役社長 郷治友孝
―講演「The University: Creating the Technology of the Future」
ARCH Venture Partners 共同創業者・名誉マネージングディレクター Steven Lazarus氏
―講演「UTECと歩んできたテラ」
テラ株式会社 代表取締役社長 矢崎雄一郎 氏
―投資先企業紹介
株式会社モルフォ 代表取締役社長 平賀督基 氏
アドバンスト・ソフトマテリアルズ株式会社 代表取締役社長 原豊 氏

121d284cdcc


東京大学濱田総長はご挨拶の中で、UTECとの連携による「ベンチャー企業を活用した知の社会還元というアプローチ」を産学連携実現の1つのモデルとして推進し、東京大学の研究・教育成果がイノベーションを持続的に生み出す基盤となる『生態系』の構築に向けて更なる展開を図るとともに、中長期的な視野からUTECの活動を支援していくと語られました。


121d284cdcb


次いで、弊社社長郷治は、ベンチャーキャピタルの使命とは、社会に新たな需要を生み出すイノベーションに立脚した新しい企業を、研究者や起業家と一緒になって生み出し、それを通じて投資収益を上げていくことだと述べ、そのために東京大学においてUTECの創立が検討された経緯及び設立後これまで5年間の活動を振り返りました。また、今後の方針としては、まず、研究者や起業家とともに共同でベンチャー企業を創業していくような「リード投資」と呼ばれるベンチャーキャピタル投資に一層注力していくことを表明しました。次いで、株式会社東京大学TLO等と密接に連携しながら東京大学はじめ国内外の大学・研究機関等の関連する研究成果を組み合わせて投資先企業の競争優位性の向上を図る戦略を明らかにし、その一環として、米国ARCH Venture Partnersと同日に締結した提携を公表しました。そして、これらの取り組みを通じて新たなイノベーションを起こす企業を継続的に生み出していくため、それにふさわしい投資チームを編成するとともに、そのコミットメントを高めていきたいと述べました。


121d29d8544


ARCH Venture PartnersのLazarus氏のご講演では、同社がシカゴ大学に生まれてから大学の研究成果をベースとした起業・ベンチャー支援を発展させてきたご経験をご披露頂くとともに、同様の活動を進めているUTECとの提携への期待を表明されました。発見・発明の重要性と、その創造者としての大学の役割を強調され、その実用化をARCHの活動の目的としてきたこと、近距離で研究者とコミュニケーションが取りながらシード資金を提供できるベンチャーキャピタルの重要な役割などについて、これまでのご経験をもとにお話になりました。また、実績のないベンチャーキャピタルとしてスタートした創業当初のARCHにとって、意識が高く活発な学生の協力と、長期的視野に立って協力してくれた投資家の理解が大きな支えとなったとも語られました。最後に、今後UTECとともに最高の科学技術を探索し、成功企業を生み出していくことを楽しみにしており、この提携がお互いにとって最善の利益となるように注力したいと述べられました。


120e71ecc94
【テラ株式会社代表取締役社長 矢崎雄一郎氏】





後半では、UTEC1号投資事業有限責任組合のリード投資先として初めて株式公開を果たしたテラ株式会社の矢崎社長をはじめ、株式会社モルフォ平賀社長、アドバンスト・ソフトマテリアルズ株式会社原社長といったUTECのこれまでの代表的な投資先の経営者の方々から講演頂き、各社の事業内容とともに、各社の創業以来のUTECとの関係について紹介頂きました。


テラ株式会社の矢崎社長からは、本年3月26日にジャスダック証券取引所NEOに同社が上場した旨のご報告があり、同社がこれまで5年間に、東京大学医科学研究所発の「樹状細胞ワクチン療法」を全国の医療機関に提供してきた歩みについて触れられました。創業当初からUTECとの信頼関係の中でこれまで事業を創り上げてこられた過程で、ご自身も経営者として成長してこられた道のりについて触れられつつ、最初の段階から同社に事業資金を提供したUTECについて、(1)大学の技術を世の中に送り出そうとする意識、(2)経験が足りない起業家であっても一緒に育っていこうとする意識、(3)シード段階から積極的に投資していこうとする意識、という3つの意識の高さを挙げられました。最後に、後進の起業家達に対し、大学の魅力的なシーズをベースとしてUTECを活用していけば、まだまだ起業のチャンスは尽きない、とエールを送られました。




本式典には、機関投資家、大学関係者、起業関係者、証券市場関係者、報道関係者など、多数のご参加を頂き、皆様のUTECへの期待の大きさを改めて実感いたした次第です。今後とも全社をあげて、更なる飛躍を目指して活動して参りたいと存じます。これからも変わらぬ御理解・御支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。