PORTFOLIO

  • HOME
  • PORTFOLIO
  • セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社

PORTFOLIO COMPANIES

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社

  • 代表取締役社長:
    阪根 信一 氏

URL:https://sevendreamers.com/

COMPANY PROFILE

私たちは、「世の中にないモノを創り出す技術集団」です。

セブンドリーマーズのルーツであるスーパーレジン工業は1957年に創業、
古くは大阪万博の「太陽の塔」、近年では「はやぶさ」などの人工衛星の製作を手がけてきた。
2005年にロボティクス、2007年にヘルスケアの開発を開始。
その基礎技術は「圧倒的な技術力で人々の生活を豊かにする」ことを目指し、
2011年にSeven Dremers Laboratories, Inc.に譲渡され、引き継がれた。
2014年セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社を東京都に設立。

第一の事業としていびきや無呼吸を防ぐ簡単で゙使い捨て可能な世界初の鼻腔挿入デバイス「ナステント」を販売(2014年7月販売開始)、
第二の事業として最新鋭の宇宙衛星開発技術を生かした測定システムと設計技術を元に、
完全オーダーメードの高品質・高性能ゴルフシャフトを販売(2014年3月販売開始)している。
第三の事業として、毎日の洗濯物を「運ぶ」「畳む」「収納する」手間から解放され、
有意義な時間を過ごせるよう全自動洗濯物折り畳み機「laundroid-ランドロイド-」を2005年から10年余りの歳月をかけて開発してきた。
製品化に向け、パナソニックと大和ハウス工業と共同開発をスタートさせることで、人々の生活を大きく変えるイノベーションを起こしていく。

COMPANY STORY

起業の発端

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ社のルーツは、1957年創業のスーパーレジン工業。創業以来、コンポジットマテリアルの研究開発と成形加工を手がけ、コンポジットの歴史を支えるパイオニアとして社会に貢献。BtBからBtCへ、徹底的に人々のニーズにこだわった技術開発により人々の生活にイノベーションを起こす

強み(競争優位性)

測定からイノベーションが生じるという考え方の下、宇宙航空分野で培われた解析・開発技術を駆使した、「宇宙品質」の製品を開発

UTECのバリューアップ(貢献)

資金調達に加えて、資本関連、広報関連、契約関連の戦略策定のサポート
  • 世界初の使い捨て鼻腔挿入デバイス

  • 世界初のオーダーメイドカーボンゴルフシャフト

  • 世界初の全自動洗濯物折りたたみ機

RELATED NEWS

STORIES