PORTFOLIO

PORTFOLIO COMPANIES

オリシロジェノミクス株式会社

  • CEO:
    平崎誠司 氏

COMPANY PROFILE

革新的なDNA合成・増幅技術を基盤とした合成生物学企業

無細胞系による長鎖DNAの合成・増幅技術を利用した製品・サービスを提供する。研究用試薬の製造・販売、DNAライブラリー作成を中心とする共同開発、プラスミドDNA製造のための技術ライセンスを事業の3本柱とする。

COMPANY STORY

起業の発端

当社創業者の一人である末次正幸立教大学准教授が内閣府の研究促進制度であるImPACTプログラムの下で、細胞を使わずに長鎖DNAを増幅する画期的な技術を発明。バイオの新たな成長分野として期待される合成生物学の基盤技術として実用化する目的で、UTECが主導して起業した。

強み(競争優位性)

バイオの研究開発に欠かせない長鎖DNAの増幅には現在、大腸菌を始めとした微生物の細胞が使われているが、手間と時間がかかる問題があった。当社技術では細胞を使わずにたんぱく質のみで増幅することができ、研究の手間と時間を大幅に省くことができる。さらには従来手法では増幅できなかったDNA配列も増幅可能となり、研究開発の対象を飛躍的に拡大できる。また、複数のDNA断片を同時に連結させて長鎖DNAを従来よりも高い効率で合成する技術も保有する。連結と増幅の技術を組み合わせることで、ゲノムサイズのDNAを簡便にかつ高効率で合成することが可能となる。

UTECのバリューアップ(貢献)

この技術の革新性に早い段階から注目し当社の起業プロセスの全ての側面に関与、発明を事業化するプロセスを主導した。さらにシリーズA投資により、事業活動を本格的に開始できた。
  • 大腸菌ゲノムの複製プロセスを試験管内で再現

  • DNA断片からゲノムサイズのDNAを効率的に合成

  • 粘性の高い、合成された長鎖DNA

RELATED NEWS

STORY LIST