PORTFOLIO

PORTFOLIO COMPANIES

マイクロ波化学株式会社

  • 代表取締役社長CEO:
    吉野 巌 氏

URL:http://www.mwcc.jp/

COMPANY PROFILE

マイクロ波プロセスで世界のエネルギー・化学産業を変革する

電子レンジにも使われている「マイクロ波」の技術を活用して「省エネルギー」「高効率」「コンパクト」な
化学品製造プロセスを開発した。お客様のご要望に応じて、製品ごとに基礎研究から実証開発まで対応している。

化学産業は、医薬品からスマートフォン、航空機など幅広い分野へ原料を提供し、日本経済の発展を支えてきた。
しかしながら、今もなおエネルギーを大量消費する重厚長大型の製造工程が主流で、その工程は100年以上変わっていない。

当社のコアバリューは、製品の特性に応じて設計する「最適な反応系の構築」「ハイブリッド触媒」「スケールアップ」
「制御システム」からなるプラットフォーム技術。電磁気学・化学・機械工学など、さまざまな領域の専門家からなる開発チーム。
ラボから実証・生産工場まで備えた、ソフト・ハード両面の開発インフラだ。

この技術を元に、「 マイクロ波化学プロセスの研究開発及びエンジニアリング」
「 マイクロ波化学プロセスを活用した製品製造における合弁事業、ライセンス事業」
「マイクロ波化学プロセスを活用した製品の製造・販売」を行っている。

COMPANY STORY

起業の発端

大阪大学塚原保徳准教授の研究成果を活用し、「日本発の革新的技術を世界に広めたい」「新しいテクノロジーベンチャーを日本に起こしたい」「環境に貢献する事業を始めたい」という想いを実現しようと、起業した

強み(競争優位性)

マイクロ波プロセスを用いたもの作りを可能とするプラットフォーム技術、その技術を開発した化学・物理学の研究者・エンジニアを含む多様な専門家からなるチーム

UTECのバリューアップ(貢献)

パイロット設備建設の為に資金を提供。ほとんどのベンチャーキャピタルや金融機関が「ベンチャー企業が工場を単独で建設するなんて無理」と相手にもしてくれない中、私達の技術力と将来性を評価していただき、世界初のマイクロ波化学工場を建設できた
  • 世界初の大型マイクロ波化学工場
    (化学品の生産能力は年3200t)

RELATED NEWS

STORIES