NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • シニア・アドバイザー制度の発足について

UTEC NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

シニア・アドバイザー制度の発足について

このたび、大久保勝彦氏(有限会社大久保技術経営事務所代表取締役、元古河電気工業株式会社専務取締役)、冨山和彦氏(株式会社産業再生機構代表取締役専務・業務執行最高責任者)、林良造氏(東京大学公共政策大学院教授)の3氏をシニア・アドバイザーとして迎えることを決定いたしました。

シニア・アドバイザー制度は、有識者の方々から、当社の運営する「ユーテック一号投資事業有限責任組合」が行う投資活動並びに投資先に対する支援業務の全般について、経営、人材、技術、社会性、投資回収といった諸般の課題にわたって定期的にアドバイスを頂き、引いては当組合の投資成績の全般的な向上を図ることを目的として、このたび新たに設けることとしたものです。

大久保 勝彦

1942年生
1965年 東京大学工学部電子工学科卒業、古河電気工業株式会社入社。
1970~72年 スタンフォード大学エンジニアリング・スクール留学、Ph.D.取得。
1981~83年 ニューヨーク駐在員事務所設立、駐在員。
1989年 光技術研究所設立、所長。
1990年 カナダにJDSファイテル社及びファイテルPMX社設立。
1991年 ファイテル製品事業部設立、事業部長
1995年 取締役情報通信事業本部副本部長
1997年 米国にFiNet社設立、副会長兼務
1998年 常務取締役研究開発本部長
2000年 専務取締役情報通信部門担当
2001年 ルーセント社より光部門買収(OFS)、会長兼務
2004年 専務取締役退任、同社顧問就任
2005年 古河電気工業株式会社退社。(有)大久保技術経営事務所設立、代表取締役就任。
米国コムスコープ社取締役就任。

冨山 和彦

1960年生
1984年 司法試験合格
1985年 東京大学法学部卒業、株式会社ボストンコンサルティンググループ入社
1986年 株式会社コーポレートディレクション設立にたずさわる。
1990~92年 スタンフォード大学留学、経営学修士(MBA)及び公共政策課程修了
1993年 株式会社コーポレートディレクション取締役就任
2000年 株式会社コーポレートディレクション常務取締役就任
2001年 株式会社コーポレートディレクション代表取締役社長就任
2003年 株式会社産業再生機構代表取締役専務 業務執行最高責任者就任

林 良造

1948年生
1970年 京都大学法学部卒業、通商産業省入省
1975~76年 ハーバード大学ロー・スクール留学、LLM取得。
1991年 ハーバード大学ケネディ・スクール・フェロー・客員講師
1992年 機械情報産業局電子政策課長
1996年 資源エネルギー庁石油部長
2000年 生活産業局長
2001年 経済産業大臣官房長
2002年 経済産業政策局長
2003年 独立行政法人経済産業研究所コンサルティングフェロー
日本生命保険相互会社特別顧問
2004年 UCサンディエゴ大学フェロー。ハーバード大学ケネディスクールフェロー。早稲田大学公共経営大学院客員教授。帝人独立社外監査役。株式会社NTTデータ経営研究所顧問。
2005年 東京大学公共政策大学院教授。明治大学法科大学院客員教授