NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • Noxilizer, Inc.:米国EPA(環境保護庁)パブリックコメント募集、Noxilizer, Inc.の申請に基づき二酸化窒素(NO2)を滅菌因子登録へ

PORTFOLIO NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

Noxilizer, Inc.:米国EPA(環境保護庁)パブリックコメント募集、Noxilizer, Inc.の申請に基づき二酸化窒素(NO2)を滅菌因子登録へ

noxilizer 2016年3月10日、米国EPA(環境保護庁)は、Noxilizer, Inc.の申請に基づき二酸化窒素(NO2: Nitrogen dioxyde)を新たな滅菌因子(Sterilant)として登録するためのパブリックコメント募集手続を開始しました。米国で公式に認められる滅菌因子としては約30年ぶりとなります。 http://www.regulations.gov/#!docketDetail;D=EPA-HQ-OPP-2013-0792 二酸化窒素は、室温ないし低温で、高速に、対象物の細部の隅々まで滅菌することができ、かつ、加湿がほぼ不要で有毒残留物が残らない滅菌因子です。自然界に豊富に存在する窒素と酸素から、同社の独自技術を用いて容易に生成することもできます。旧来の滅菌方法は、対象物を高温にする必要がある、精密な構造では隅々まで行き渡らない、など多くの課題を抱えていました。 医療分野で急速に市場が拡大している薬剤充填済み注射器(Prefilled Syringe)や、非常に精密な内視鏡など、旧来の方法では有効に滅菌出来なかった対象物の速やか且つ十分な 滅菌を可能にする技術として、欧米の当局やパートナー企業からの期待を集めてきました。