PORTFOLIO

PORTFOLIO COMPANIES

エディットフォース株式会社

  • 代表取締役社長:
    中村 崇裕 氏

URL:http://www.editforce.jp

COMPANY PROFILE

日本発のゲノム編集技術を通じて国内外の創薬、農業、物質生産の産業革新に貢献する

エディットフォース株式会社は、核酸(DNA/RNA)操作技術による創薬および種苗開発を行うベンチャー企業。同社は、2015年に技術商社であるKISCO株式会社及び九州大学の中村崇裕准教授により設立され、UTECも同年より支援に加わってきた。エディットフォースは、独自のゲノム編集に加えて、ゲノムスケールでのRNA操作を可能にする世界初の「トランスクリプトーム編集」ツールを提供する。本編集ツールは中村崇裕博士が発明したPPR(pentatricopeptide repeat)タンパク質のエンジニアリング技術に基づいている。エディットフォースでは、元来植物免疫に関連するPPRタンパク質を研究し、PPRタンパク質が核酸配列 (DNA/RNA)を認識するメカニズムを解明することにより、PPRを用いた新規ゲノムデザイン/プログラミングツールを製薬、農業等へ応用していく。

COMPANY STORY

起業の発端

海外で先行するZFN、TALEN、CRISPR等のゲノム編集技術に対して、日本発のゲノム編集技術を事業化すべく、九州大学の中村崇裕准教授が発明したPPR技術をコア技術として設立

強み(競争優位性)

PPR技術はゲノム編集の主流であるDNAのみならず、その下流であるRNAも認識が可能。DNA/RNAの両方が編集可能な世界初のゲノム編集ツールで、ポストゲノム時代の革新的な企業となる

UTECのバリューアップ(貢献)

事業計画のブラッシュアップ。経営人材、パートナー等の紹介。IPOなどのエグジット体制構築支援
  • 創業者 中村 崇裕 白川 晃久

  • 人類は六千年前からDNAを改変してきた

  • PPRがDNA/RNAに作用する模式図

RELATED NEWS

STORIES