PORTFOLIO

  • HOME
  • PORTFOLIO
  • セレイドセラピューティクス株式会社

PORTFOLIO COMPANIES

セレイドセラピューティクス株式会社

  • 代表取締役社長 CEO:
    荒川 信行 氏

URL:https://www.celaidtx.com

COMPANY PROFILE

ヒト造血幹細胞増幅技術を用いて次世代の細胞治療法の開発を目指す再生医療ベンチャー

ヒト造血幹細胞の増幅技術を利用した製品・サービスを提供する。増幅試薬・培地や受託開発などの研究・創薬支援、次世代の造血幹細胞移植となる細胞治療製品、ゲノム編集技術と組み合わせた遺伝子治療製品を柱とする。

COMPANY STORY

起業の発端

当社創業科学者である筑波大学山﨑聡教授、東京大学医科学研究所中内啓光特任教授(スタンフォード大学教授)のチームは、液体のりの成分であるPVAを用いたマウス造血幹細胞の体外における大量増幅技術の確立に成功。その後、ヒトの造血幹細胞においても体外増幅する基盤技術の確立に成功し、臨床応用に向けた道が開けた。今後成長性が期待される細胞治療領域での臨床応用を加速させ、速やかな社会実装を目指すために会社を設立。

強み(競争優位性)

赤血球・白血球などの血液の源であるヒト造血幹細胞の体外増幅はこれまで困難とされてきた。加えて、従来の細胞増幅法ではアルブミン・サイトカインのような生物由来物質が使用され、再現性が低く品質管理が困難であること、原材料が高コストであるなどの問題もあった。当社技術は、アルブミン・サイトカインフリー培地にてヒト造血幹細胞の体外増幅に成功したことに加え、品質管理が容易でかつ、低コスト化できる点が強みである。また、細胞ソース(骨髄、さい帯血、末梢血)によらず造血幹細胞を増幅可能なことから、様々な疾患への応用が期待できる。

UTECのバリューアップ(貢献)

この技術の革新性に早い段階から注目し、当社の事業開発プロセスに様々な側面から関与した。さらにシード投資により、事業活動を本格的に開始できた。
  • マウス造血幹細胞の体外での大量増幅に成功

  • ヒト造血幹細胞の体外での大量増幅に成功

  • 細胞ソースを選ばず増幅可能であり、様々な疾患への応用が期待できる

STORY LIST