NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • UTEC代表の郷治が、インドのモディ首相と日本のベンチャーキャピタリスト達との意見交換会に参加しました。

UTEC NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

UTEC代表の郷治が、インドのモディ首相と日本のベンチャーキャピタリスト達との意見交換会に参加しました。

会議にてモディ首相に挨拶する郷治


2018年10月29日、日印首脳会談のため来日したインドのモディ首相と、インド投資に積極的な日本のベンチャーキャピタリスト達による意見交換会が開催されました。

日印両国は、スタートアップや技術開発面で連携を進めながら、ここ数年間で戦略的な関係を深めてきました。インドでダイナミックに機能し始めているスタートアップエコシステムをより発展させ、既に盛り上がりを見せているアントレプレナーシップと、イノベーションの気運を更に高めるための方策について意見が交わされました。

郷治は、年々グローバルに大きなインパクトを与えるようになってきている、ディープテック系スタートアップへの投資を継続的に増やしていく目的で日印間のエコシステムを形成していく重要性を強調し、テクノロジー系スタートアップとして両国での研究開発の連携を実現した例として、UTEC投資先のTricog Health Pte. Ltd.とBugworks Research, Inc.を紹介しました。更に、海外投資家によるインドのスタートアップへの投資・回収を円滑に進めるための法制度の整備や、インドのヘルスケア・ライフサイエンス系スタートアップの臨床試験が透明性を持ってスムーズに承認を受けられるようにする仕組みの構築を促すなど、インドのディープテック系スタートアップエコシステムを発展させるための政策提言を行いました。

閉会の挨拶において、モディ首相は、郷治の提案は示唆に富むものであり、インド政府としてディープテック系スタートアップを発展させる為に尽力すると発言してくださいました。

UTECは、2018年12月6日にインド・ゴアにて開催される【The Startup India Global Venture Capital Summit in Goa】にも招待いただき、パートナーの坂本とベンチャーパートナーのMysoreが出席して、議論を更に進める予定です。