NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • Green Earth Institute:日本航空、日本環境設計と共に古着を原料とした航空機燃料の製造へ。

PORTFOLIO NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

Green Earth Institute:日本航空、日本環境設計と共に古着を原料とした航空機燃料の製造へ。

geiグリーン・アース・インスティテュート(GEI、東京・文京)は、日本航空、日本環境設計(東京・千代田)と共に、世界初となる古着を原料とした航空機燃料の製造に乗り出す。イオンなど小売り12社の回収網を使い、古着を集める。衣料に含まれる綿から微生物を使って燃料をつくり、2020年の試験運航を目指す。パリ協定発効など世界で温暖化防止が求められるなか、化石燃料の代替となる燃料の供給を急ぐ。 日本航空と環境関連企業の日本環境設計、GEIが主体となり、2017年初めにも開発協議会を設ける。廃棄衣料を使うことで国内での資源循環の推進にもつなげる考えだ。 日本環境設計はイオングループや良品計画など小売り12社と組み、全国約1千店舗で使用済み衣料を回収してポリエステルを再生する事業を手掛けている。GEIは、日本環境設計が回収した集めた綿に含まれる糖から燃料のもととなるアルコールを製造する。日本環境設計の工場に実証プラントを設けて生産。20年に燃料の一部に衣料からつくった燃料を混ぜて試験運航を始める。30年までに商用プラントによる実用化を狙う。 詳細は、下記記事もご参照ください。 http://www.nikkei.com/article/