ABOUT UTEC

UTECは、東京大学が承認する「技術移転関連事業者」として、ベンチャー企業を通じた大学の「知」の社会還元に
向けて、優れた知的財産・人材を活用するベンチャー企業に対して投資を行うベンチャーキャピタルです。

TOP MESSAGE

ベンチャー企業への投資を通じ、
世界規模でイノベーションを起こしていきたい。

ベンチャー企業への投資を通じ、
世界規模でイノベーションを起こしていきたい。

株式会社東京大学エッジキャピタルは、2004年の創業以来、科学技術を軸に資本・人材・英知を還流させ、世界・人類の課題を解決するためのフロンティアを開拓するベンチャーキャピタル投資を行って参りました。

2018年4月に約242億円の出資約束を得て設立したUTEC4号投資事業有限責任組合を含め、累積で約543億円となる4本のファンドを運営し、約90社に投資を行い、うち9社が株式上場、10社がM&A(合併・吸収)を果たすに至っております。数多くの研究者、起業家、投資家、協力企業の方々と、スタートアップ企業の設立と事業拡大の支援を行って参りましたが、こうした投資成果が広がって参りましたのも、皆様の弛まぬご尽力のお陰です。

今後ともUTECは、国内外の大学や研究機関と連携しながら、優れた科学技術を活かした事業を強力に推進できるスタートアップ企業の創出と成長を支援して参ります。そして、スタートアップ企業と産業界・アカデミアとの間の資本・人材・英知の好循環を図ることにより、グローバル規模で全人類的な課題の解決に寄与して参ります。

引続きのご支援とご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年5月
代表取締役社長・マネージングパートナー 郷治 友孝

OUTLINE

  • 運営会社
    株式会社東京大学エッジキャピタル
    The University of Tokyo Edge Capital Co., Ltd.
    株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ
    The University of Tokyo Edge Capital Partners Co., Ltd.
  • 事業内容
    東京大学などの大学・研究機関等の技術や人材を活用する
    ベンチャー企業への投資活動を通じた
    ベンチャー・キャピタル・ファンド運営業務
  • 本社
    東京都文京区本郷7-3-1 東京大学産学連携プラザ4F
  • 顧問弁護士
    弁護士法人 大江橋法律事務所

BOARD OF DIRECTORS

  • 代表取締役社長郷治 友孝
    UTEC代表取締役社長/マネージングパートナー、日本ベンチャーキャピタル協会常務理事。2004年4月UTEC共同創業以来、東大発をはじめとする大学発ベンチャーのシード/アーリーからの投資育成戦略の立案を行い、UTEC1号から4号までの投資事業有限責任組合(計540億円強)のベンチャーキャピタルファンドを設立・運営。数々の投資先の役員に就任するとともに、投資運用責任者として全案件に関与し、これまでに10社がM&A、9社が上場を果たす。UTEC以前は、通商産業省(現経済産業省)にて『投資事業有限責任組合法』(1998年11月施行)を起草し、文化庁出向、スタンフォード大学留学、金融庁出向を経た後、『投資事業有限責任組合法』の理念を実践するため退官。
    東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA)、東京大学大学院工学系研究科博士課程在籍。
  • 取締役会長南 直哉
    1958年東京大学法学部卒業、東京電力株式会社入社。1985年同社企画部長、1989年同社取締役(企画部・広報部担任)、1991年同社常務取締役、1996年同社取締役副社長、1999年同社取締役社長。2002~2012年同社顧問。このほか、電気事業連合会会長、一般財団法人省エネルギーセンター会長などを歴任し、現在、一般財団法人地球産業文化研究所理事長などを務める。 2006年2月、当社取締役会長に就任。
  • 取締役辻 秀樹
    1997年東京大学法学部卒業、米国ペンシルベニア大学ロースクール修士課程、英国ロンドン・ビジネススクール修士課程修了。1997年通商産業省入省後、京都議定書交渉等の環境・エネルギー政策、ベンチャー振興政策、中央省庁再編等を担当。2000年テクノロジー・スタートアップ(ヴィジョンアーツ株式会社)の経営にCOOとして参画後、知的財産を中核にした戦略立案・事業開発を担当し、日本を代表するグローバルハイテク企業へのM&Aの実現。2006年8月、当社入社。同年パートナーに就任し、企画・管理及び投資業務を担当。これまで投資先6社(FCOホールディングス(株)、スマートソーラーインターナショナル(株)、プロメテック・ソフトウェア(株)等)の取締役を兼任。2008年1月、当社取締役に就任。
  • 取締役山本 哲也
    1994年英国オックスフォード大学理学部物理学科卒業。1994年三井物産(株)入社。1997年日本ベンチャーキャピタル(株)出向。1998年より米国ITベンチャー投資の担当、三井物産ベンチャーパートナーズの2億ドルの VCファンド設立等を経て2003年帰国、(株)エム・ヴィー・シー(MVC)三井ベンチャーズにて国内ITベンチャー投資を担当。2007年MVCと東京大学産学連携本部との共同研究を開始。2008年7月当社参画、パートナー就任。IT分野を中心とするシード/アーリーステージ投資を担当する他、グローバル戦略にも注力。2009年4月、ジェネラルパートナー就任。2009年6月、当社取締役に就任。現在、投資先のForty Two Labs Private Ltd.(Evie.ai) 、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)、Locix Inc.、Fyusion, Inc.、株式会社ナビック、株式会社MUJIN等の社外取締役を兼任,、株式会社ティアフォーの取締役会オブザーバーを務める。EXIT先では(株)フィジオス(2013年2月グーグルにより買収)社外取締役、(株)ネイキッドテクノロジー(2011年9月ミクシィにより買収)等の社外取締役を務めた。
  • 取締役坂本 教晃
    2003年東京大学経済学部卒業後、経済産業省入省。2008年経済産業省退官、流通事業会社の副社長を経て、2010年コロンビア大学経営学修士(MBA)。McKinsey & Company のエンゲージメントマネージャーを経て、2014年8月にUTEC参画。経済産業省では、中小企業金融円滑化関連法案や家電リサイクル法の法案作成業務や未踏ソフトウェアプロジェクトに、McKinsey & Company では、日本・東南アジア・欧州を中心に製薬、医療機器、自動車、ハイテク、消費財等の業界各社に対し、営業・マーケティング、SCM、M&Aに関するプロジェクトに従事。現在、投資先の(株)ZenmuTech、(株)Finatext、Institution for a Global Society(株)、(株)レトリバ等の社外取締役等を兼任。
  • 取締役(社外)茂木 敬司
    1964年上智大学外国語学部卒業、1965年ルーバン・カトリック大学修士課程ベルギー政府給費留学。三井銀行(現三井住友銀行)では、外国部、ロンドン支店、ブラッセル支店、本店等を経て、総務部(会長秘書)、ニューヨーク支店副支店長、ブラッセル支店長を務める。さくら銀行(現三井住友銀行)広報部長(1992年、同行取締役に就任)、1996年、さくらカード株式会社代表取締役副社長、1997年、ソニー生命保険株式会社執行役員専務、2006年から2016年まで、英国Bridgepoint Capitalアドバイザーを歴任。2007年から2012年まで、帝京大学経済学部経済学科教授として教鞭を取る。2006年より英国VenCap Internationalアドバイザーを務めるとともに、2010年6月、当社取締役(社外)に就任。
  • 取締役(社外)平野 正雄
    1980年東京大学大学院工学系研究科反応化学科修士。スタンフォード大学大学院工学系経済工学修士、東京大学大学院工学博士。1980年、日揮株式会社入社。1987年マッキンゼー入社、1993年マッキンゼー全社パートナー就任、1998年全社ディレクター(シニア・パートナー)、マッキンゼー日本支社長に就任。2007年、カーライル日本共同代表に就任。2012年より早稲田大学商学学術院(ビジネススクール)教授として教鞭をとる。日本ビジネスモデル学会会長。2017年10月、当社シニアアドバイザー就任を経て、2018年6月、当社取締役(社外)に就任。
  • 監査役(社外)高橋 浩之
    1985年東京大学工学部原子力工学科卒、1989年東京大学工学部原子力工学科助手、国際交流室講師、東京大学人工物工学研究センター助教授、高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所併任助教授を経て、2005年より東京大学原子力国際専攻教授、2014年より東京大学工学系研究科長特別補佐、生産技術研究所研究担当、2017年より東京大学工学系研究科社会連携・産学協創推進室長、東京大学産学協創推進本部副本部長を務める。2012年より日本学術振興会産学協力研究委員会第186委員会副委員長を務める。
  • 監査役(社外)中本 和樹
    1976年大阪大学理学部数学科卒業。1976年、大同生命保険相互会社入社。1998年同社取締役就任、2001年同社常務取締役就任、同社取締役常務執行役員、取締役専務執行役員就任を経て、2008年同社代表取締役専務執行役員就任。2010年同社常任監査役就任、2014年同社退任。現在、学校法人近畿大学資産運用委員会委員、㈱クロスポイント・アドバイザーズ顧問。2017年7月、当社シニアアドバイザー就任を経て、2018年6月、当社取締役(社外)に就任。

FUNDS

2018年8月31日現在

  • UTEC4号投資事業有限責任組合
    設   立
    2018年1月17日
    無限責任組合員(GP)
    株式会社東京大学エッジキャピタル、UTEC Partners有限責任事業組合
    規   模
    約242.5億円
    投 資 先
    15件(保有中15件)
  • UTEC3号投資事業有限責任組合
    設   立
    2013年10月15日
    無限責任組合員(GP)
    株式会社東京大学エッジキャピタル、UTEC 3 Partners有限責任事業組合
    規   模
    約145.7億円
    投 資 先
    31件(保有中27件、M&A1件)
  • UTEC2号投資事業有限責任組合
    設   立
    2009年7月31日
    無限責任組合員(GP)
    株式会社東京大学エッジキャピタル、UTEC Venture Partners株式会社
    規   模
    約71.5億円
    投 資 先
    13件(保有中8件、M&A 1件)
  • ユーテック一号エグジット投資事業有限責任組合
    設   立
    2004年7月1日
    無限責任組合員(GP)
    株式会社東京大学エッジキャピタル
    規   模
    約83億円
    投 資 先
    34件(保有中2件、上場 9件、M&A 8件)

PAMPHLET