PORTFOLIO

  • HOME
  • PORTFOLIO
  • 株式会社ルートレック・ネットワークス

PORTFOLIO COMPANIES

株式会社ルートレック・ネットワークス

  • 代表取締役社長:
    佐々木 伸一 氏

URL:http://www.zero-agri.jp

COMPANY PROFILE

限られた地球資源で農業の生産性を高め、農業に休日をもたらす持続型社会

株式会社ルートレック・ネットワークスは、日本における少子高齢化による農業ノウハウの喪失、また水・土壌汚染という世界的な農業の課題の解決策を提示する。 土壌・気象センサー、クラウド上のアルゴリズムで一般的な農機具である施肥・灌水設備を制御するターンキーシステムは、土壌・気象状況と作物情報からリアルタイムに最適な水・肥料量を特定し、自律的に施肥・灌水を行う。 施肥かん水作業時間を90%を削減し、水・肥料使用量を半分程度に削減しながら、収量を増加(熟練農家で30%程度、新規農家では2倍以上)の実績を持つ。 施肥・灌水アルゴリズムは明治大学との産学共同研究により開発された。

COMPANY STORY

起業の発端

日本・世界の農業はICT利用で効率化・自動化できる。明治大学小沢聖教授の作物栽培学研究の成果をベースに、水・肥料使用量と営農の手間を格段に減らしかつ収量を増加させるロボットのプロトタイプができたことが第二創業のきっかけ

強み(競争優位性)

新規就農者でも失敗せずに熟練農家レベルの収穫が可能な灌水・施肥ロボットは、クラウドから農機との組込まで、一気通貫で開発できるエンジニアリング力で可能に。海外プレーヤーとの提携による対象市場の広さも強み

UTECのバリューアップ(貢献)

第二創業期における事業のかじ取り、海外事業でのノウハウの提供、IPOに向けての経営チーム補強や管理体制構築の助言等を期待している
  • 灌水・施肥の自動化
    ロボットは約1年で投資回収が可能

  • 新規就農家で2倍、
    熟練農家でも2-3割の収量向上の実績

STORIES