PORTFOLIO

PORTFOLIO COMPANIES

株式会社PROVIGATE

  • 代表取締役社長:
    関水 康伸 氏

COMPANY PROFILE

バイオセンサを通じた知覚拡張社会の実現に挑む

株式会社PROVIGATEは、東京大学大学院工学系研究科の坂田利弥准教授が発明した小型・安価・高感度なバイオトランジスタセンサー技術を起点とした東大発ベンチャーである。刻一刻変化する「身体の中」という未踏のビッグデータにリーチできるセンサを「知覚拡張センサ」と定義。健康状態をリアルタイムに「感じ」させることで、健康の維持増進に向けて人々を行動変容へと「衝き動かす」センサ‐アプリケーションのシステムを構築し、結果として万人が活力もって天寿を全うできる社会の実現を目指す。まずは喫緊のニーズの高い低侵襲な涙糖センサの開発を進めている。

COMPANY STORY

起業の発端

次世代シークエンサーの基礎技術発明などに実績のある東京大学坂田利弥准教授のトランジスタ技術に、モバイル・ウェアラブル・インプランタブルな知覚拡張センサへの応用の可能性を見出し起業

強み(競争優位性)

知覚拡張センサの特許技術並びに製造ノウハウ、実検体の取り扱いと非特異吸着・電気ノイズの回避・低減ノウハウ、体外診断薬・医療機器の基礎研究から量産化・薬事・製品上市までをカバーする経験豊富なチーム

UTECのバリューアップ(貢献)

文部科学省START 事業のプロモーターとしての事業計画や製品開発計画の立案。今後の資金調達及びアライアンス先の開拓に期待
  • 心臓部のセンサ

  • 自己涙糖測定器

STORIES