PORTFOLIO

  • HOME
  • PORTFOLIO
  • 株式会社日本データサイエンス研究所

PORTFOLIO COMPANIES

株式会社日本データサイエンス研究所

  • 代表取締役:
    加藤 エルテス 聡志 氏

COMPANY PROFILE

データやAI活用の推進で産業の労働生産を高め、ひいては日本全体の生産性を高める

日本データサイエンス研究所(JDSC)はAI活用を利益につなげるプロ集団。
・SKUごとの需要予測により、品揃え・価格・在庫・物流といった領域で大幅なコスト削減
・生産ラインや製品の異常検知を、熟練社員だけでなく誰でも実現
・手書き文字、文章、画像からの意味内容読み取りによる、仕様設計や見積もりの自動化
・従来多くの手数が必要だった教育・研修プロセスの自動化で、より短時間により高い教育効果を実現
など、消費財・小売・物流・医療・教育など様々な顧客で大幅な利益改善を実現する。
そのために、単に人の作業をAIが代替するのでなく、AIが支援することで人の生産性を高める必要があることから、JDSCは、そのためのモジュール提供、システム構築から企業プロセス変革に至るまで、AIが利益を創出するまでの全てを支援する。

COMPANY STORY

起業の発端

P&Gやマッキンゼーで、データ活用が企業プロセスを根本的に変え、社会構造を変えうるものと実感したことから2014年に社団法人を設立。業績拡大に伴い株式会社化。

強み(競争優位性)

東京大学の越塚研究室(情報学環、IoT・データ活用)、田中研究室(システム創生、AI・ブロックチェーン)などのアカデミアの知見と、ビジネス側の実務の連携を行えるメンバー。大学院生のエンジニアメンバーも多数在籍。

UTECのバリューアップ(貢献)

戦略からオペレーションに至るビジネスモデル実現支援、企業の全社的な改革・デジタル化への意思決定と舵取りを行える経営層へのアクセス、上場に向けたファイナンス面でのサポート全般
  • 自社データと、外部データを組み合わせる

  • 宅配で不在配送先を予測してルートを最適化

  • 図面情報の画像読み取りと加工の自動化

STORY LIST