NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • 平成29年度大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)・プロジェクト支援型の実施機関として、浜松医科大学細胞分子解剖学講座教授瀬籐光利先生の「質量顕微鏡法を用いた新しい薬物動態解析及び創薬標的探索事業」が採択されました。

UTEC NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

平成29年度大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)・プロジェクト支援型の実施機関として、浜松医科大学細胞分子解剖学講座教授瀬籐光利先生の「質量顕微鏡法を用いた新しい薬物動態解析及び創薬標的探索事業」が採択されました。


  • 平成29年度大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)・プロジェクト支援型の実施機関として、浜松医科大学細胞分子解剖学講座教授瀬籐光利先生の「質量顕微鏡法を用いた新しい薬物動態解析及び創薬標的探索事業」が採択されました。

  • 本プロジェクトでは、質量顕微鏡法を駆使した薬物動態解析手法及び創薬標的探索法を確立し、本技術を基に受託解析サービス提供を主軸とするベンチャーを設立し、革新的な創薬支援ツールとしての事業展開を目指します。

  • 詳細は、国立研究開発法人化学技術振興機構(JST)のプレスリリースもご参照ください。
    http://www.jst.go.jp/pr/info/info1277/besshi.html