NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • プロメテック・ソフトウエア:株式会社構造計画研究所との資本・業務提携合意に関するお知らせ

PORTFOLIO NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

プロメテック・ソフトウエア:株式会社構造計画研究所との資本・業務提携合意に関するお知らせ

プロメテック・ソフトウェア株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長 CEO:花田孔明)と株式会社構造計画研究所(本社:東京都中野区、代表取締役社長 CEO:服部正太)は、平成24年10月29日開催の両社取締役会において資本・業務提携契約を締結することを決議し、また構造計画研究所が株式会社東京大学エッジキャピタル(本社:東京都文京区 代表取締役社長:郷治友孝)が運営するベンチャー・キャピタルファンドよりプロメテック・ソフトウェアの発行済株式総数36.7%を取得することに関する株式譲渡契約を承認いたしましたので、下記の通りお知らせ致します。 1. 資本・業務提携の目的 構造計画研究所は、総合エンジニアリング企業として、大学・研究機関と実業界の橋渡し役を経営理念に掲げております。プロメテック・ソフトウェアとは、2008年より粒子法ソフトウェアの販売及びコンサルティング業務に関する提携を行い、プロメテック・ソフトウェア創業者の一人である越塚誠一教授(東京大学大学院工学系研究科)の研究成果「粒子法」を基にプロメテック・ソフトウェアが独自開発したCAEソフトウェア「Particleworks」の市場創出に向けて共同で取り組んで参りました。 一方、プロメテック・ソフトウェアは、東京大学発のベンチャー企業として2004年の創業以来、東京大学産学連携本部や東京大学エッジキャピタルの支援のもと、「Particleworks」を利用したコンサルティングおよびソフトウェア・ライセンス販売を自動車産業から化学・医療・食品産業までさまざまな業界に幅広く展開し、業容を拡大して参りました。 今回の資本・業務提携により、プロメテック・ソフトウェアの東京大学発ベンチャーというアイデンティティと、構造計画研究所の大学・研究機関と実業界の橋渡し役という経営理念のシナジーを最大限に発揮することで、両社の「知の循環」を図り、これまで、主に製造業に向けて展開していた「Particleworks」などのソフトウェア販売を、建設・防災分野に拡大させます。特に昨年の大震災以降、関心の高まっている津波、河川氾濫や地盤の液状化シミュレーションなどに応用させることで、ソフトウェアの販売と併せて、高い付加価値のコンサルティング・サービスの提供を目指します。また、海外市場への展開や、両社の技術者の交流によるソフトウェアの高性能化など、戦略的な取り組みを強化して参ります。 2. 資本・業務提携の内容 両社は今回の提携に際して、資本・業務提携契約を締結し、構造計画研究所は、プロメテック・ソフトウェアの筆頭株主である株式会社東京大学エッジキャピタルが運営するベンチャー・キャピタルファンドより、プロメテック・ソフトウェアの発行済株式総数の36.7%を譲り受ける旨の株式譲渡契約を本日締結しております。この結果、プロメテック・ソフトウェアの筆頭株主が異動することとなりました。 なお、プロメテック・ソフトウェアが株式上場を目指す方針に変更はありません。 詳しくは、プロメテック・ソフトウェア株式会社のHPをご覧ください。 http://www.prometech.co.jp/1/post/2012/10/4.html