NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • ミルテル:東京大学エッジキャピタルらへの第三者割当増資により総額約1.9億円の資金調達を実施

PORTFOLIO NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

ミルテル:東京大学エッジキャピタルらへの第三者割当増資により総額約1.9億円の資金調達を実施

ミルテル-ロゴ

東京大学エッジキャピタルらへの第三者割当増資により総額約1.9億円の資金調達を実施しました

株式会社ミルテルは2016年7月12日、株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC) (東京都文京区、代表取締役社長:郷治 友孝)、株式会社広島ベンチャーキャピタル (広島市中区、 代表取締役:松谷 秀伸)、株式会社ウィルグループ(東京都中野区、代表取締役:池田 良介)、株式会社NTTドコモベンチャーズ (東京都港区、代表取締役:中山 俊樹) 及び日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 平川 大)を割当先とする第三者割当増資を実施し、総額1.9億円を調達いたしましたので、お知らせいます。 今回調達した資金は、管理部門の人材採用を含めた組織体制強化、国内での営業活動強化並びに臨床検査の拡大、商品開発の推進、他社との業務提携の推進に充当します。 なお、上記のうち株式会社NTTドコモ・ベンチャーズと日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社への割当は、2015年9月に両社へ割当てた社債(2015年11月17日公表)の株式への転換によるものです。 株式会社ミルテルは、広島大学大学院医歯薬保健学研究院・細胞分子生物学研究室教授田原栄俊の研究成果を実用化するべく2012年9月に起業した大学発ベンチャー企業です。 2013年9月から遺伝子検査業務を行う衛生検査センターとして認可を受け、「ミルテル検査」(「テロメアテスト」・「ミアテスト」)を提携医療機関(http://www.mirtel.co.jp/)にて実施しています。 未病検査としての「テロメアテスト」は、染色体の最末端部分のテロメア1本鎖DNA 配列(Gテール)の長さを測定する世界オンリーワンの技術を用いた未病検知検査です。 疾患の早期発見検査としての「ミアテスト」は、血液などの体液中にあるマイクロRNA を測定することにより病気の超早期発見を行う疾患早期発見検査です。 疾患予防と疾患の早期発見を通じて、国民の健康長寿に貢献するだけでなく、国民・国の医療費削減に貢献するものと期待しております。 当社は今後も、日本初の健康長寿のプラットフォームとなるべく、より一層の努力を続けて参ります。 ≪会社概要≫ 会社名 : 株式会社ミルテル(英文表記:MiRTeL Co.Ltd.) 所在地 : 広島県広島市南区出汐一丁目2番10号 代表者 : 代表取締役社長 田原 栄治 事業内容 : 血液検査事業 資本金 : 105百万円(増資後) 設立 : 2012年9月 ウェブサイト : http://www.mirtel.co.jp 《本件プレスリリースに関するお問い合わせ先》 総務部部長 松尾 宗弘 Tel: 082-546-9797 info@mirtel.co.jp 詳細は同社プレスリリース(http://www.mirtel.co.jp/新着ニュース/)もご参照ください。