NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • ルートレック・ネットワークス:JFE商事エレクトロニクス株式会社、JX ANCI株式会社、株式会社ルートレック・ネットワークスとの資本提携について ~「ゼロアグリ」でAI農業に参入、事業拡大へ~

PORTFOLIO NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

ルートレック・ネットワークス:JFE商事エレクトロニクス株式会社、JX ANCI株式会社、株式会社ルートレック・ネットワークスとの資本提携について ~「ゼロアグリ」でAI農業に参入、事業拡大へ~

  • JFE商事エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:轉邦彦、以下「JFE商事エレ」)、JX ANCI株式会社(本社:千葉県山武郡、代表取締役社長:庄中淳、以下「JX ANCI」)、株式会社ルートレック・ネットワークス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:佐々木伸一、以下 「ルートレック」)の3社は、資本提携を行い、AIを搭載しIoTによるかん水施肥を自律的に実行する、次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」の販売を共同で実施するとともに、新規事業拡大を行っていくことについて合意したことをお知らせいたします。
  • 鉄鋼業界大手JFE商事株式会社の100%子会社であるJFE商事エレと、石油業界最大手JXTGエネルギー株式会社の100%子会社であるJX ANCIが持つ社会インフラへの経営理念が、「ゼロアグリ」の目指す「生産性向上と環境に配慮した持続可能な農業実現」と合致し、資本事業提携が実現しました。「ゼロアグリ」の普及と日本発のアグリテックである「ゼロアグリ」で、農作物の生産性ならびに安定供給を同時に解決してまいります。
  • ルートレックが開発・販売している、次世代養液土耕システムゼロアグリは、現在日本ならびにアジアで50台以上が稼働中です。作物の成長に合わせて必要な量の培養液(水と液肥を混ぜ合わせたもの)を自動で与える「ゼロアグリ」は、肥培管理とともに土壌環境制御を行います。肥培管理のために何十年も積み上げられた「経験と勘」を、「ゼロアグリ」が数値化し自動制御することで、節水と減肥を行うと同時に収量拡大・品質向上をも実現できます。「ゼロアグリ」による土壌環境制御は、新規就農者が熟練農家並みの収量を実現でき、熟練農家でも約30%の収量拡大と品質安定化を実現しています。また、かん水・施肥のための労働時間を大幅に削減できることにより栽培規模の拡大を実現しております。
  • 詳細は、下記ルートレック社Websiteの記事もご参照ください。 http://www.zero-agri.jp/news/press_170523_zoushi.html