NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • アドバンスト・ソフトマテリアルズ:「人工筋肉」、20年に実用化へ~日本経済新聞において、アドバンスト・ソフトマテリアルズが豊田合成に主材料の独占ライセンスを行っている「人工筋肉」が2020年に実用化される見通しが報道されました

PORTFOLIO NEWS

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

アドバンスト・ソフトマテリアルズ:「人工筋肉」、20年に実用化へ~日本経済新聞において、アドバンスト・ソフトマテリアルズが豊田合成に主材料の独占ライセンスを行っている「人工筋肉」が2020年に実用化される見通しが報道されました

  • 豊田合成は、2020年をめどに、電気を流すと筋肉のように動く新素材「e―ラバー」を実用化します。この主材料の独占ライセンスをUTEC投資先のアドバンスト・ソフトマテリアルズが行っています。 豊田合成は、医療用の手術訓練シミュレーターやロボットの動力源として開発を進めており、8日には医療機器ベンチャーとの連携を発表しました。同社は、自動車産業が自動運転や電動化にシフトする中、新たな事業の柱として25年度ごろに数百億円規模の売り上げを目指しています。
  • 詳細は、下記日本経済新聞の記事もご参照ください。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23254800Y7A101C1L91000/?n_cid=TPRN0011